お金のブロックを外すには?!

生き辛さの原因を

潜在レベルで書き換える専門家

シックスセンス覚醒コンサルタント

つたたにひろこです。

 

このお話しは、わたしのオリジナルセラピー、

「自我解放プログラム」を受けて下さった方との、

やりとりを、ご本人の許可を得て、

そのまま会話形式で書いたものです。

 

読むだけで、何かしらの気づきや、癒しが

起こるよう、プログラムされていますので、

よろしければ、ご覧になってみてください。

 

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

 

ようこそ!

生き辛さの原因を、潜在レベルで書き換える、

「自我解放プログラム」のセッションへ!

 

今日のご相談者内容

「お金のブロックを外したいです。」

ご相談者 ピータンさんのケース

 

「こんにちは、今日のご相談ですが、

『お金のブロックを外したいです。』

という内容で合っていますか?」

 

「はい。」

 

「では、そういったお金のブロックを外したいという

思いが出るきっかけとなった出来事が、

きっとあったと思いますが、どんな事がありますか?」

 

「そうですね、私はホームパーティをするんですが、

その時、ちょっと凝った材料を使ってお料理を作るんですね、

その材料費をかかった分だけ来た方にもらうとき、

心苦しくなります。」

 

「なるほど、そうなんですね。」

「ほかには、小さい頃などはどうですか?」

 

「私の母は、一生懸命働いて、私を大学まで

だしてくれたんですが、母の事は尊敬しているんですけど、

母のように苦しんでまで、お金を稼ぎたくはないなと。」

 

「なるほど、そう思ったんですね。」

 

「はい。」

 

「では、その時の気持ちを思い出して、

その出来事から、無意識についてしまった、

『ねばならない。』『してはいけない。』

って何だと思いますか?」

 

「うーん、『私はお金を持ってはいけない。』でしょうか。」

 

「なるほど、他には?」

 

「お金をもって、使っちゃうと無くなるって

思っちゃうから、自己管理が出来ない。って感じもあります。」

 

「では、『私は自己管理をしなければいけない。』

ってどうですか?」

 

「ああ、それって感じがします。」

 

「では、『私はお金を持ってはいけない。』と、

『私は自己管理をしなければいけない。』とでは、

どちらが、より苦しいですか?」

 

『私はお金を持ってはいけない。』の方ですね。」

 

「わかりました。では、これから、その価値観を

必要なところは残して、多すぎる分は外してもいいですか?」

 

「はい。」

 

「ただ、この価値観は、これまで、ピータンさんを

守ろうとして出来たものなので、『今までありがとう。』

という気持ちでいて下さいね。」

 

「はい、わかりました。」

 

「又必要な部分は残しますので、

安心してくださいね。」

 

ここで、潜在意識を書き換えました。

 

「今のご気分はいかがですか?」

 

「なんだか、スッキリして、首の後ろが軽いんです!」

 

「心と身体は連動していますから、重過ぎる

価値観がとれると、そうなりますよ。」

借金で首がまわならい。という言葉がありますよね。」

 

「それって、そういう事なんですか?

なるほど!」

 

では、先ほどの言葉をいいますので、

セッション前と同感じが変わったのかを

感じて下さいね。」

 

「はい。」

 

ここで、書き換えた内容をいいました。

 

「『それが?何か?』って感じです。」

 

「そうその感覚!

では、今度からパーティしたとき、

材料費はもらえそうですか?」

 

「はい、もらえそうです!」

 

「おめでとうございます!」

 

「ありがとうございます!」

「えー!?何、この感じ?」

 

「不思議でしょ^^」

 

「はい、すごく不思議です。

これまでも、他のお金のブロックを外す

セッション受けてきましたが、

 

その時は、感情をワーってさせて、終わりだけど

感覚が変わったという事はなくて、

でも、今回は、潜在意識が安心して、

それが変わったのが、わかります!」

 

「ありがとうございます!

もし、このセッションを誰かにおススメするとしたら、

何と言ってくださいますか?」

 

「まじやばいよ!普通じゃないよ!って言います。」

 

「ありがとうございます。」

 

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

あなたは、このセッションを、どう思われましたか?

 

もし、あなたがこのセッションを受けるとしたなら、

どんな思い込みを外しますか?

 

「自我解放プログラム」の体験コースのお申込みは、

こちらをクリックしてください。

 

 

 

 

 

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP