いのちのスイッチ、難病を乗り越えて、当たり前を幸せに感じる。

あなたのまだ知らない能力を開花させる専門家

シックスセンス覚醒コンサルタント

つたたにひろこです。

 

突然ですが、
もし、自分の命があとわずかだと
言われたとしたら、どうしますか?

2月2日の自分ごきげんTVのゲストは、

10万人に一人といわれる難病を克服し、
その経験を元に、全国で公演をされている、

岡田加津美さんでした。

加津美さんは、ある日、医師から
ご自分が難病にかかったと知らされ、
途方にくれたのち、

ある方の一言で、

全身に「ビビビッ」と、命のスイッチが入ったそうです。

それからは、マイナスの情報をシャットダウンして、体に

「健康な子供たちを生ませてくれてありがとう。」

と、お風呂に入る時、感謝をし
生きる事を選択したそうです。

その結果、健康体を手に入れ、今では病気をする前より
元気に、エネルギッシュに、活動をされています。

「いのちの大切さ、

当たり前な事など何もなく、

又、生きていて、無駄な事も何もない。」

といった、加津美さんの心からの「希望の言葉」を
是非、お聞きください。

 

自分ごきげんTVは、つたたにひろこのフェイスブックでお昼12時から
放送しています。

https://www.facebook.com/hiroko.eekosyu

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP