悩みを打ち消す、魔法の言葉とは?!

自分ごきげんデザイン

ひろこです。
突然ですが、あなたは、
今、悩んでいる事って、何かありますか?

もし、なければ、以前悩んでいた時の事を思い出す事は出来ますか?

その時の状態を、思い出すと、どんな悩みであれ、
してしまった事を後悔するか、
又は、まだ起きてもいない出来事を想像して、
悩むかのどちらかだったと思います。

「ひろこさん、そうなんです。大抵、悩みがある時は、

『あの時、あんな事を言ったから、あの人に嫌われちゃった。』

とか、

『きっと、次に会ったら、もっと嫌な態度をとられるんだろう。』

って、終わった事や、まだ起きてもない事で悩んでしまいます。」

そうですよね。人は誰しも、「今」ではなく、
過去又は未来を思って悩むものです。

そして、そのどちらにも、共通した事があるんですね。

「それって何ですか?」

それは、悩むとは、大抵、

「どうして○○なんだろう。」
「きっと、○○なんだろう。」

「なんだろう。」と、想像をしている事です。

つまり、過去の出来事に対して、相手の反応をみて、
自分が勝手に、悪い想像をしているにすぎない。

なぜなら、相手の本当の気持ちは本人にしかわからないのに、
自分の今までの、経験から、

「きっと、又、怒らせた。」

など、想像しているだけなんです。

そのついでに、これまた、過去の経験から、

「次もきっと、嫌な事が起こるだろう。」

と、想像してしまう。

これが、悩みの正体です。

「なるほど、実際、相手がいる場合、その人の言動をみて、
こっちが勝手に、悪いふうに、イメージしているって事なんですね。」

はい、そうです。

仮に、相手が本当に怒っていた場合でも、
次回、それを引きずるとは限りませんよね。

又、同じシチュエーションでも、
怒らない人もいるでしょうし、
必要以上に、自分を責めたり、後悔しなくてもいいと思います。

つまり、わたしたちが過去をなげいたり、未来を憂うのは、
すべて、

「自分の想像が原因」

と言えます。

「なるほど、でも、そうは言っても、何か困った事があったら、
ついつい、悪い方に、想像してしまいます。」

そうですよね、だから、そんな時には、最後にこの魔法の
言葉を言ってみて下さい。

「~と、想像した。」

例えば、誰かに何かを言って、相手が嫌な顔をしたとしたら、

「あー又、余計な事を言って、○○さんを怒らせちゃった。」

『と、想像した。』

すると、自分が考えた事、思った事が、想像、つまり
事実かどうかは、わからない。と、心が判断するので、
今までのように、頭の中で、ネガティブが堂々巡りするのを、
止められます。

なぜなら、マイナスイメージは、自分の中でリアリティが強い為、
普通は、中々抜け出せないからです。

これを習慣にする事で、自分を客観視する癖も自然につき、
ネガティブな想像を続けて、くたびれる、無限ループから、
解放されます。

どうせ、想像するなら、楽しい想像をしたいですね^^

あなたは、どんな想像をしますか?
以下お知らせです。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

楽しい想像をするきっかけになる、

楽生きセラピー体験会の詳しい内容は、
こちらになります。


http://abaql.biz/brd/archives/svzapx.html

お陰様で残席2となりました。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP