望みを叶える、ちょっとしたコツとは?!

自分ごきげんデザイン

ひろこです。

 

わたしの師匠から、何かを引き寄せるのには、

「まず、自分が何を望んでいるのかを知る事が大切。」

という、話を伺い、まずは、「本当に望む事」と、
「望まない事」を書き出すというワークをしてみました。

 

すると、

本当に望む事=健康、社会貢献、良好な人間関係

望まない事=孤独になる事、自分を嫌いになる事

色々書き出したところ、大まかにこんな事柄がでました。

 

そして、もっと突き詰めると、

本当に望む事=「安心」

望まない事=「不安になる事」

だったのです。
「ひろこさん、ザックリとしていますね^^;」

はい、わたしも、やってみて、そう思いました。
望む事は色々あれど、結局わたしの心から望む事は、

「安心」

だったのです。
「そうなんですね、でも、究極の望みは、安心、安全かもしれませんね。」

はい、わたしもそう思います。

 

そして、それから、わたしは、自分の本当に望む事と、
決して望まない事を手のひらにのせ、二つを、粘土を混ぜるように、
一つにしてみました。

 

そして、よく混ざった、それを見てみると、

「森の中にある、一本の木」

になったんです。

 

「ひろこさん、それってどういう意味ですか?」

はい、わたしがまず感じたのは、

「安定」

という言葉でした。

 

そこから、連想ゲームのように、言葉をつなげていってみたのですが、
それが面白かったのです。

 

「森に生えている木は、動かなくても、
太陽から栄養を作る。」

「待っていれば、雨が降る。」

「花が咲けば虫が、実がなれば動物が潤う。」

「樹液が流れ、土に流れ、やがて川になる。」

「川の水は、人が飲み、人間の人生を共に生きる。」

「人が死ねば、土にかえる。」

「土から栄養をもらい、木が育つ。」

 

つまり、不安と安心を一つにすると、
安定が生まれ、そして、すべてはつながっている。

だから、孤独を感じてもいいし、
何かに失敗して、落ち込んでも、何とかなる。

 

ふと、そんな風に感じました。

もちろん、日常生活を送るうち、又、
ネガティブな感情も生まれるでしょうが、
今日の、この「木」を思い出せば、
少しは、心が安定するのではないかな?

そう思いました。
あなたが、本当に欲しいものはなんですか?

以下お知らせです。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

不思議で楽しい、

「楽生きセラピー体験会」の詳しい内容は、
こちらをご覧ください。

お陰様で、残席2となりました。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP