女の集まりが苦手です。

生き辛さの原因を

潜在レベルで書き換える専門家

シックスセンス覚醒コンサルタント

つたたにひろこです。

 

このお話しは、わたしのオリジナルセラピー、

「自我解放プログラム」を受けて下さった方との、

やりとりを、ご本人の許可を得て、

そのまま会話形式で書いたものです。

 

読むだけで、何かしらの気づきや、癒しが

起こるよう、プログラムされていますので、

よろしければ、ご覧になってみてください。

 

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

 

ようこそ!

生き辛さの原因を、潜在レベルで書き換える、

「自我解放プログラム」のセッションへ!

 

今日のご相談者内容

「女の集まりが苦手です。」

ご相談者 まるこさんのケース

 

「こんにちは、今日のご相談ですが、

『女の集まりが苦手。』

という内容で合っていますか?」

 

「はい。」

 

「なるほど、そうなんですね。」

「それは、いつ頃からの事ですか?」

 

「うーん、そうですね、気が付いたら

そうなっていたというか。」

 

「なるほど、では、思い出せる範囲で

いいのですが、女の人の集まる場所でなにか、

嫌な事ってありませんでしたか?」

 

「実は、以前仕事仲間で、あるグループに

入っていたのですが、そこの人間関係につかれた

というか、なんというか。」

 

「そうなんですね、その時人間関係につかれた

という感じがあったんですね。」

 

「はい。」

 

「その時、何が一番嫌でしたか?」

 

「最初は皆仲がいいんですけど、

そのうち、派閥みたいなのが出来て、

グループのなかに、又小さいブループ

が、出来て、どちらかに、入らないと

あぶれてしまう。みたいな。」

 

「なるほど、それで?」

 

「一番嫌なのは、マウンティングというか、

誰が一番その場で偉いか、みたいなのを

皆で察知して、その人に合わせる。

そういうのが、めんどくさいんです。」

 

「あー、確かにそれは、めんどくさい

ですよね。」

 

「はい、どうして女の集まりって、

いつもあんな風になるんだろうって

思います。」

 

「あんな風っていうと?」

 

「誰が一番偉いか、だけでなく、

だれか一人を悪者にして、皆でその人を

はぶくこで、仲良くなるみたいな。」

 

「なるほど。そういう事って、

ありますよね。」

 

「そうなんです!最初皆ニコニコ

しているのに、そのうち周りがだんだん

険悪なムードになって、気が付いたら

私だけ一人になる事があって。」

 

「それは、しんどいですね。」

 

「はい。だから、女の集まりは嫌いです。」

 

「なるほど、この自我解放プログラムでは、

これまでの経験で、出来てしまった、

『ねばならない』又は『してはいけない』

を見つけ、潜在意識の書き換えをしますが、

 

この出来事から、どんな『ねばならない』

又は『してはいけない』があると思いますか?」

 

「うーん、『私は女の人と仲良くしてはいけない。』

って思っているのかもしれませんね。」

 

「なるほど、それから?」

 

「えーっと、『私はいつも、独りぼっちで

いなければいけない。』とかですかね。」

 

「あ、それが入っていると、辛いですよね。」

 

「はい、なんだかどんよりした気持ちがします。」

 

「では、『私は女の人と仲良くしてはいけない。』

と、『私はいつも、独りぼっちでいなければ

いけない。』でしたら、どちらが、より、

どんよりしますか?」

 

「『私はいつも、独りぼっちで

いなければいけない。』ですね。」

 

「わかりました。では、これから

この思い込みを潜在レベルで書き換えましょうね。」

 

「ただ、これも、

『これ以上、まるこさんを傷つけないよう。』

と、思って出来た思い込みですので、

 

出来れば、

『今まで、私を守ってくれてありがとう。』

という気持ちでいて下さい。」

 

「え?そうなんですか?」

 

「はい、きっとこれまでにも、似たような

出来事ってあったと思うんです。

その時に、

 

『独りぼっちでいれば、誰にも傷つけられない。』

と、まるこさんの

潜在意識が愛をもって決めたんだと、思います。」

 

「あ、そうなんですね。なんだか、涙が。」

 

「まるこさんの潜在意識は、まるこさんだけを

思って、これまでも見守っていてくれました。

だから、この思い込みも、愛から出来たもの

なんですね。」

 

「だから、すべてを潜在意識からなくすのではなく、

必要な分は残して、多すぎる分だけを、

感謝しながら、手放してみませんか?」

 

「はい、わかりました。そうします!」

 

ここで、潜在意識の書き換えをしました。

 

「いかがですか?今のご気分は?」

 

「なんだかスッキリしました。」

 

「よかったですね、では、本当に、潜在意識が

書き換わったのか、確かめさせてくださいね。」

 

「はい。」

 

「『私は独りぼっちでいなければいけない。』

と聞いてどう思いますか?」

 

「え?なんで?って思います。」

 

「いいですね!では、あの時の、

出来事を思い出してもらっていいですか?」

 

「あれ?どうしてだろう?あまり思い出せない。」

 

「おめでとうございます!これが、

潜在意識が書き換わった感覚です。」

 

「えー?!どうしてですか?

なんであんなに嫌だった事が思い出せなく

なってるんですか?」

 

「それは、先ほどの思い込みを潜在意識の

書き換えをする事で、まるこさん自身が

『すでに終わった事。』として認識したからです。」

 

「このセッションをする前は、思い込みが強すぎて、

あの出来事に執着していたからです。」

 

「それも、辛かった出来事を忘れない事で、

もう二度と、辛い思いをさせないための

潜在意識の愛だったのですが、

まるこさん自身が、その愛に気が付き、

 

手放した事で、もう、その問題をクリアしたから、

その過去はもう、覚えていなくてもいい出来事と

潜在意識が判断して、思い出せなく

なっているんですね。」

 

「なるほど!でも、こんな感覚初めてです!」

 

「それは、よかったです。」

 

「ありがとうございます!」

 

「では、もし、まるこさんが、

誰かに、このセッションをススメてくださる

としたら、なんと言ってくださいますか?」

 

「はい、

『一瞬で、嫌な記憶が消える、魔法のセッションだよ!』

って言います!!」

 

「今日はありがとうございました。」

 

「こちらこそ、素晴らしいセッションを、

ありがとうございました。」

 

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

 

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

あなたは、このセッションを、どう思われましたか?

 

もし、あなたがこのセッションを受けるとしたなら、

どんな思い込みを外しますか?

 

「自我解放プログラム」の体験コースのお申込みは、

こちらをクリックしてください。

 

 

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP