潜在意識へのアプローチの鍵となるものとは

自分ごきげんデザイン

ひろこです。

 

先日、沖縄旅行で、

ホテルのタラソプールに入って来ました。

 

そのプールは、近くの海水をくんで作ったもので、

仰向けになると、体が浮いて、しばらく、

力を抜いていると、無重力を味わう事が出来ました。

 

まるで、宇宙に浮かんでいるような。

そんな感じだったんです。

 

すると、だんだん体の感覚がなくなってきて、

自分がどこにいるのかが、

わからなくなるほどでした。

 

13歳以上しか入れないプールで、

周りも静かなので、

目をつむって、そのままでいると、

音もない、何も見えない、体の感覚もない、

 

そんな感覚を味わう事が出来ました。

すると、だんだん、自分の中の独り言も消え、

「無」

の状態に。

 

究極の瞑想状態を簡単に味合う事が

出来ました。

 

五感の感覚をすべて、シャットダウンすると、

最初は「孤独」がやってくるのですが、

そのうち、何かとのつながりを感じてきます。

 

「一人なんだけど、一人ではない。」

 

上手く言えませんが、そんな感じです。

その感覚が心地よく、

「地球に抱っこされている」

そんな気持ちになりました。

 

又、沖縄の海の色が

本当にきれいで、

あの色を思い出すと、

あの時の体験を思い出します。

 

肉体とは別の五感

 

人の感覚には、五感以外に

肉体を超えた五感があり、

目でみるより、心の目でみるものの

方が、より鮮やかにみえます。

 

これは、深い催眠状態である、

変性意識に入った時に感じられるのですが、

この変性意識に入る事が、

潜在意識を使って願望実現をする時の

鍵となります。

 

そして、一度、この変性意識を体験すると、

次からも、比較的簡単に、変性意識へと

入りやすくなります。

 

わたしの誘導瞑想でも、

この変性意識を体験していただけるので、

お茶会や、体験会を開く際、是非お越し下さいね。

 

又、ご自分でこの変性意識に

なりやすくする方法は、

次回、お知らせします。

自分の思いどうりに生きる為の情報をお伝えしている、
「真実の望みを叶えるメルマガ」に登録すると、
辛い感情を自分で手放す事が出来る

「インナーチャイルドワーク」

のやり方をもれなくプレゼントしています!

プレゼントを受け取る

 

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP