インナーチャイルドの癒し方

インナーチャイルドの癒し方

自分ごきげんデザイン

ひろこです。

先日、

「インナーチャイルドとは」

というお話をさせて頂きました。

そして、インナーチャイルドはあなたの

敵ではないという事も。

インナーチャイルドとはの記事は
こちらです。

「インナーチャイルドとは」

今日は、

「あなたを思うがゆえに」
「あなたの行動を妨げている」

恐れのある

インナーチャイルドを癒す簡単な
方法をお伝えします。

この方法はわたしが普段している

「インナーチャイルドセッション」

の簡易版です。

簡易版とはいえ、きちんと真剣にすれば
得られるものは多いワークですので、

よろしければ、お時間のあるときにでも
お試しくださいね。

まず、

子供の頃、何か言われたり、されて

「嫌だった」

事を少し思い出します。

その

「嫌な感情」

例えば、

「悔しい」「悲しい」「怒り」

などの感情が思い出せたなら、

その感情を、もっとも強く感じる

身体の部分を探ります。

両手で、自分の身体をスキャンするような
感じで、手のひらを身体に向けて、色んな

「お腹」や「頭」や「胸」を

感じてみます。

それがわかったら、その部分で
先ほどの感情を味わってみます。

例えば、

「胸のあたりに、悲しみを感じる。」

とします。

その胸の悲しみを感じていると、どんな
感覚がしますか?

痛い?苦しい?今にも涙がでそう?

あなたのインナーチャイルドは、そこにいます。

そのインナーチャイルドは、今まであなたを
あの出来事があった時から、ずっと
もう二度と同じ悲しみを感じさせない為、
その場所にいました。

では、インナーチャイルドに話しかける為に
インナーチャイルドに名前をつけましょう。

あなたが幼い頃呼ばれていた名前でも
いいですし、見た目(悲しみちゃん等)でも
いいですよ。

それでは、話しかけてみましょう。

「○○ちゃん、あなたはそこで何をしているの?」

「じっとしてるの。」

「じっとしているのね、
じっとしているとどんないいことがあるの?」

「誰にも傷つけられないですむ。」

「そうかあ、○○ちゃんは、今までわたしが
誰にも傷つけられないように、守ってくれていたんだね。」

「そうだよ」

そんな会話が出来たら、その子を心の中で抱きしめて、
こう言って下さい。

「○○ちゃん、今までわたしを守ってくれてありがとう。」

「それなのに、○○ちゃんの気持ちに
気づかなくてごめんなさい。」

「○○ちゃんを今までほったらかしに
した事をゆるしてね。」

「○○ちゃん、これからは、
ずっと一緒だよ、愛してるよ。」

そして、あなたの身体を自分で抱きしめて見てください。

今、どんな気持ちですか?

その子の表情に変化はありますか?

もし、先ほどの身体の部分が暖かくなったり、
ほぐれた感じがしたり、

インナーチャイルドの顔が少しでも
明るく感じられたのなら、

あなたのインナーチャイルドは成長しています。

そう、インナーチャイルドは成長するのです。

「内なる子ども」のときに思い込んでいた事は、

あなたを守るため。

これからは、その思いは残しながら、
今度は、ちがう角度からあなたを応援してくれます。

インナーチャイルドはきちんと、最後まで
話をすると、今度は、ハイヤーセルフへと
成長し、あなたの強い味方となります。

ハイヤーセルフとは、今のあなたより、
もっと、視野が広く、慈愛に満ちた、
あなた自身です。

インナーチャイルドもハイヤーセルフも
あなたの中にある、普段、気が付きにくい、
「無意識」の領域。

ですが、インナーチャイルドもハイヤーセルフも
あなたの中にあります。

「あなたが知りたい答えは、あなたの中にある。」

昔から、言われているこの言葉は、

そういった意味からだと、わたしは思います。

そして、このページを読んでくださった、
あなたのお役に少しでもたてたなら、
本当に嬉しいです。

長い文章を、
最後までお読みいただき、ありがとうございました(__)

 

ごきげんになる情報をお伝えしている、
「真実の望みを叶えるメルマガ」に登録すると、
自分の中の、辛い感情を手放す、

「インナーチャイルドワーク」

が自分で出来る方法を、もれなくプレゼントしています!

プレゼントを受け取る

関連記事

  1. インナーチャイルドをほっておくとどうなるの?
  2. インナーチャイルドとは

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP