幸せの「ものさし」とは

自分ごきげんデザイン

ひろこです。

 

幸せ

 

幸せを感じるのに、

ちょっと障害になる、

「辛い感情」

は、人によって、違いますよね。

 

これって、単に、

何か出来事が起きたとき、

 

「それをどう受け取るか。」

 

によると思うのです。

例えば、

とても素敵な女性がいたとします。

ただ、彼女は、自分を醜いと思い込んでいます。

 

周りの人達は、

彼女を見て、綺麗だなと思っているので、

「貴女は本当にお綺麗ですね。」

と言ったとします。

 

でも、本人は心から、

自分を醜いと思い込んでいるから、

その言葉に対して、

「イヤミを言われている。」

又は、

「お世辞を言われている。」

そう感じます。

 

これって、もったいないと思いませんか?

 

この例はちょっと、特殊ですが、

こういった事が、

どの人にも、当てはまる場合が多いのです。

 

そして、やっかいなのは、

本人が心から、そう思い込んでいるので、

疑う事をしない。

 

だから、その思い込みが

「間違っている。」

事に気がつかないのです。

 

でも、安心してください。

唯一、気が付く瞬間があります。

 

勘違いに気が付くには

 

それは、

「ネガティブな感情が湧いたとき。」

です。

 

この例で言うと、

「お綺麗ですね。」

と言われた時に感じる、

 

「イヤミ又はお世辞だわ。」

と感じた時の、

 

「モヤモヤ」

「イラつき」

「落ち込み」

といった感情です。

 

この出来ればあまり感じたくない

感情が出たときに、

その感情を見つめ、

なぜそんな風に思ったのか、

 

その背景にある、

「思いグセ」

を見つける事ができれば、

そして、それが、単なる勘違いである

事に気がつきさえすれば、いいのです。

 

そして、自分の考えを見直し、

新しい、価値観を身に付ける事が出来れば、

今まで以上に、心は楽になります。

 

そう、「幸せのものさし」

それは、

その人の価値観にあると、

わたしは思っています。

 

そのものさしを、

ごきげんな気持ちになれるモノに

変化させる事が出来たらいいですね^^

 

貴女の

「幸せのものさし」は、

どんなものですか?

ごきげんになる情報をお伝えしている、
「真実の望みを叶えるメルマガ」に登録すると、
辛い感情を自分で手放す事が出来る

「インナーチャイルドワーク」

のやり方をもれなくプレゼントしています!

プレゼントを受け取る

 

 

関連記事

  1. 40代は第二の思春期
  2. 脳内ドラマはじめませんか?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP