ネガティブな感情って、感じちゃダメですか?

自分ごきげんデザイン

ひろこです。
先日、友人と話していて思った事があります。

それは、

「ネガティブな感情ってどうして、感じちゃいけないと
思ってしまうんだろうか?」

という事です。
ネガティブな感情の代表と言えば、

「怒り」(わたしが思う代表ね)

です。
子供の頃、

「嫌だ!」とか、「ひどい!」など感じた事を、
表現すると、その相手の人は、わたしから、離れて行く。

そういう、パターンを繰り返していました。
だから、自然と、「嫌だ!」とか、「ひどい!」と思う事が
あっても、怒りをあらわにすると、

「またわたしは、一人になってしまう。」

そう思い、言いたい事をグッと我慢したり、
無理に相手に合わせたり、していました。
こういった、背景には、

「わたしは、自分のネガティブな感情を表現すると、嫌われる。」

つまり、

「わたしは、人に怒ってはいけない。」

という「~してはいけない。」があったのです。
そして、我慢して、その場をやり過ごしても、
また、その相手の言動に怒りが湧いてきて、
いつしか、我慢しきれず、

「ドカーン!」

と爆発。そして、自己嫌悪からの後悔というパターン。
ですが、これらの一連のパターンは、わたしが、

「怒りなどの感情を、ネガティブなもの、感じてはいけないもの。」

そう思い込んでいたからです。
その事に気が付き、この思い込み、信念を手放す事が出来たら、

自然と、「嫌な事は嫌。」「自分は~と思っているよ。」

と言えるようになりました。
そもそも、「怒り」という感情は、自分自身を守るために、
沸き起こる感情です。

傷つけられたと感じたなら、怒ってもいい。

それを我慢するから、ある時、必要以上に相手を攻撃する形で、
怒りという感情が爆発するんです。
「それじゃ、ひろこさん、怒りを感じたら、素直に、
それを表現したほうが、人間関係うまくいくという事ですか?」

はい、わたしはそう思います。

もちろん、言い方には気をつける必要はありますが、
誰かに、ひどい対応をされたと感じたのなら、
その事を相手に伝えるのは、その先の付き合いを、
より良いもにするためにも、大切な事だと思います。

「でも、もしそれで、その人に嫌われて、嫌な思いを
するかもしれないと思うと、怖いんです。」

そうですよね。その気持ちわかります。

でも、無理をして、自分にひどい対応をする相手に合わせても、
自分を傷つけるだけですよ。

そして、正直に自分が感じている事を話すと、
相手にも悪気がなかったという事がわかる事も、あります。
あなたにとって、もっとも大切な人は誰ですか?

わたしは、「わたし自身です。」

自分を大切にできない人は、自分以外の誰かを本当の意味で
大切には、出来ないと思っています。

家族、友人、仲間達。

大切に思う人達を、大事にするには、
まずは、自分で自分をごきげんにしましょう!

あなたが、一番大切な人は誰ですか?
============

☆「楽生きセラピーモニター募集

 

※10月はすでにご予約が埋まっております。
11月以降で第一希望日時から第三希望までを
お知らせ下さい。
☆「楽生きセラピスト養成講座」

11/28 残り3席(NEW)

※今年いっぱい、なんと半額!!

===================

関連記事

  1. 日常のほんのちょっとした幸せ。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP