ご存知ですか?男の子を将来「キレない子」に育てるチョットしたコツ

自分ごきげんデザイン

ひろこです。

 

男の子

 

男の子って、よくわからないなあ。

そう思うときってありませんか?

わたしは、自分が女だから、女目線で

ものを考えますが、

息子は、又違った考え方をしてるのだと思います。

 

特に、息子が自分の思っている事などを、

「言えばわかるのに。」

という事も、あまり言わなかったり、

母としては、もどかしく思うときもあります。

 

これは、その子その子で、個性があるので、

一概には言えませんが、

男の子って、

「言わぬが花」

みたいなところって、あると思いませんか?

 

そして、自分の思いを上手く伝える事ができなくなると

もどかしくなり、つい、キレてしまう事もあるのかも

しれません。

 

息子は、母である、わたしの方が、

キレやすいので^^;あまりキレませんが、

3歳頃まで、あまりおしゃべりが上手でなかったせいか、

その頃は、乱暴でした。

 

幼い頃は、それでも、何とかなりましたが、

中学にもなると、体も母より大きくなるし、

乱暴になったら、きっと、太刀打ちできないと

思います。

 

そこで、今日は、男の子を将来キレない子にする

ちょっとしたコツをお伝えします。

 

チョットしたコツ

 

①沢山話しをさせる

子供は、大きくなると、中々自分の事を

話さなくなりがちですが、

それでも、一緒にいるときは、

子どもの好きな話題なんかをふって、

沢山、話をさせるといいですね。

 

出来るだけ、

「今、自分が何を考えているのか、感じているのか。」

という事を話す事で、スッキリすると思います。

これは、大人も一緒ですね。

 

②感情的に叱らず、「質問」をする

つい、何かあったら、

「どうして、あなたは、そんな事をするの?」

と言ってしまいがちですが、

これは、質問ではなく、詰問つまり、とがめる事になります。

これでは、話したくても話せないようになりますね。

 

質問するとしたなら、

「教えて欲しいんだけど、どうして、○○したのかな?」

と、事情を話せるように、聞くと子供も

冷静に答えようとすると思います。

 

実はこの②は、息子に教わった事なのです^^;

わたしが、イライラしたりすると、

息子は、

「ママ、どうしたの?何かあった?」

と、聞いてくれます。

すると、

「ハッ!」

と我にかえるんですね。

お恥ずかしいです^^;

 

子供から大人へと成長する時、

ちょうど、中途半端な、どっちつかずの時。

体の変化にも、とまどい、

将来への不安もある、そんな時が

わたし達にもありましたよね。

 

そんな時、母親である、わたし達が、

父親とは又違うやり方で

子供を見守り、信じ、安心させてあげられると、

いいですね。

 

又、思春期にはいる前から、

子どもの話を聞く習慣が出来ていると、

親子の絆も深まると思います。

 

そして、男の子には、できる限り、

スキンシップを。

 

女の子は、大きくなってからも、

頭を撫ぜたり、ハグしたりしやすいですが、

男の子は、大きくなると、照れて、

中々しにくくなります。

 

だから、出来るうちは、沢山、抱きしめて

「あなたの事を愛してるよ。」

「どんな、あなたでも受け入れるよ。」

という、メッセージを体で受け取れると、

子どもは安心すると思います。

 

だって、子どもはわたし達、母親と、

とつきとおかに渡って、「一心同体」だったんですから。

 

ごきげんになる情報をお伝えしている、
「真実の望みを叶えるメルマガ」に登録すると、
自分の中の、辛い感情を手放す、

「インナーチャイルドワーク」

が自分で出来る方法を、もれなくプレゼントしています!

プレゼントを受け取る

関連記事

  1. 嘘の見抜き方
  2. 結婚相手の決め方

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP