知っておくとお得!子供を伸ばす接し方のポイント

自分ごきげんデザイン

ひろこです。

 

子供への接し方

 

わたしには、中学生の息子がいるのですが、

一人っ子なので、ついつい、構いすぎてしまいます。

いい加減、子離れしないといけないなあ、

そう思っています。

貴女は、お子さんに普段、どのように

接していらっしゃいますか?

 

そこで、今日は、子供と、どう接するとお互い、いいのか、

そのポイントをまとめてみました。

 

ポイント

 

①批判しない

つい、我が子を頼りなく思ったり、

自分の思うようにいかない時、

「ダメでしょ!」

と言ってしまいがちですが、それだと、

子どもは、自信を失くし、心を閉ざしてしまいますね。

なので、なるべく、手や口を出さないよう、批判しないよう

気をつけたいです。

 

②共感する

子供が自分の思っている事を親が察し、

感じている悔しい、つらい、などの感情に共感してくれたと、

思えたなら、きっと、勇気が湧いてくると思います。

そのうえで、アドバイスが欲しいのか、そっとしておいて

欲しいのか見極め、見守りたいですね。

 

③ほめる

これは、認める。という事にもつながると思います。

子どもは、親に褒められ、承認される事で、

自分は自分でいいのだ。そう思えると思います。

 

そして、自分の事を親がきちんと見てくれている。

自分は愛されている。

そう感じることが出来れば、後は、子どもの力で、

大抵の事は乗り越えられるのではないか。

そう思っています。

 

母親は、特に我が子を自分の

分身のように思っている場合が多いので、

自分の思い通りにしようとしがち。

でも、子どもは、別の存在と意識して、

向き合うことが出来たら、もっといい関係が

築けるんじゃないかなと思っています。

ごきげんになる情報をお伝えしている、
「真実の望みを叶えるメルマガ」に登録すると、
辛い感情を自分で手放す事が出来る

「インナーチャイルドワーク」

のやり方をもれなくプレゼントしています!

プレゼントを受け取る

 

 

関連記事

  1. 嘘の見抜き方
  2. 結婚相手の決め方

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP