あったかいんだから~道具なしで、体を温める簡単な方法とは

自分ごきげんデザイン

ひろこです。

 

女性は寒がり

 

最近、急に寒くなりましたね。

女性は筋肉の量が男性よりも

少ないので、

男性と一緒にいる時、

部屋の温度の調整で

「寒い」と感じる事ってありませんか?

 

家でも、わたしが寒がって、

暖房をつけようとすると、

夫と息子に、

「まだつけなくてもいい。」

と言われたりします^^;

 

今日はそんな時、

体が温まり、

心も落ち着く、

簡単な呼吸法を

お伝えします。

 

やり方

 

①手をこする。

両手を合わせて勢いよくこすります。

②おへそと下腹部に手のひらを当てる。

摩擦で暖かくなった手のひらを、

左手をおへそに、右手をその下の

下腹部へ当てます。

 

③深呼吸をして、

息を吐くときに、数をかぞえる。

心の中で1から10まで、

吐くときにだけ数をかぞえます。

 

これだけです。

 

又、吐く息に意識を向け、口から

「ふーっ」

と長めに吐く時に、

心のモヤモヤも出ていくとイメージすると、

よりスッキリしますよ。

そして、コツとしては、吐くときに、

少し体を前に倒すと、

より、深く息を吐くことができます。

 

 

これは、

数息観(すうそくかん)

という、気功の呼吸法です。

 

数をかぞえる際、

1から10まで数えたら、

又、1から数えます。

 

吸うときの呼吸は

あまり意識せず、

軽く吸うといいですね。

 

この呼吸法をすると、

体のすみずみにまで酸素が

行き渡りますので、

寒いなと感じた時に、

すると、ポカポカしてきます。

 

心と体の両方が、

暖かくなり、落ち着くと、

色んな場面で、

貴女の日常が

ごきげんになると思います。

 

例えば、ちょっとした

ネガティブな感情が湧いた時など、

この呼吸法で、

口から嫌な感情を吐き出す。

 

そう、イメージをすると、

心が楽になりますよ。

ほんの少しの間でも

いいので、試してみてください。

 

 

ごきげんになる情報をお伝えしている、
「真実の望みを叶えるメルマガ」に登録すると、
自分の中の、辛い感情を手放す、

「インナーチャイルドワーク」

が自分で出来る方法を、もれなくプレゼントしています!

プレゼントを受け取る

関連記事

  1. しゃべくり007での工藤阿須加さんから、学ぶ、子育てのコツ。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP