脳内ドラマはじめませんか?

脳内ドラマはじめませんか?

自分ごきげんデザイン
ひろこです。
今日から三連休の方も多いですね。
家は、息子が部活の試合の為、どこにも行けてません。
そんな時に限って、過去の失敗、よく言えば反省?
なんかしてしまいがちなんですよね^^;
人は、一日に6万回も独り言を言ってるって知ってました?
そして、この独り言の内容が、この先のわたし達の人生に
大きく 関わってくるのです。
例えば
「あーあの時、なんで、あんなことを言ったんだろう。」
とか、
「あんなメールをして、あの人、きっと気分を悪くし ているだろうなあ。」
など。
自分のした事に対して、失敗したとか、自己嫌悪に陥る事って ありませんか?
その時の独り言が、あなた自身をずっといじめ続けるのです。
その結果、望まぬ現実を引き起こします。
なぜなら、潜在意識では、無意識の内にあなたの独り言を
無防備に受け続けるから。
別の機会に似たような出来事に出会った際、
同じシチュエーションを引き起こす可能性が高いからです。
例えば、事故現場で、
「ガードレールに注意!!」
と書かれてあると、避けようとすればするほど、
つい ガードレールに引き寄せられてしまうのと同じです。
だから、そんなときは、自分の潜在意識を擬人化して、
ドラマにして遊ぶのが、オススメです^^
例えば、 ネガティブ役のネガちゃんが
「あー又やっちゃったよ。きっとあの人はもう、わたしを 嫌ってしまったわ。」
そこで、ポジティブのポジちゃんが
「ああ、又ネガちゃん、そんな事言って! 」
「〇〇(あなたの名前)ちゃん、本当にそうかな?よーく考えてみたら?」
「〇〇ちゃんの本当の気持ちを話しても、
あの人はきっと 受け止めてくれるって!」
「もし、そうでなければ、あの人とは、
縁が無かっただけなんだから^^」
あなた 「本当だね、ポジちゃん!ありがとう!そうだね!」
「危ないところだった、ネガちゃんにつられるところだったよ!!」
 など、こんなふうに、遊んでみてください^^
こうして、あなたが
「これって楽しい!」
そう感じられたなら、 あなたの脳は、楽しく、現実を変換出来ます。
なぜなら、人の脳は、「快」を常に望むから。
心理学者「アドラー」も
「反省は必要ない。反省は自分いじめでしかない。」
と言った言葉も残しています。 わたしたちは、子供の頃から、
「反省しなさい、そして次から同じ過ちをしないようしなさい。」
そう言われ育ちましたが、実は反省こそが、次の失敗を引き寄せる
大きな原因だと、わたしは思います。
その時のあなたは、「最善」をつくしたはず。
だから、そんな、あなた自身を嫌いにならないでくださいね。

 

ごきげんになる情報をお伝えしている、
「真実の望みを叶えるメルマガ」に登録すると、
自分の中の、辛い感情を手放す、

「インナーチャイルドワーク」

が自分で出来る方法を、もれなくプレゼントしています!

プレゼントを受け取る

関連記事

  1. 自分の中の常識を疑え
  2. 悲しみを癒すチョットしたコツ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP