40代は第二の思春期

40代は第二の思春期

自分ごきげんデザイン
ひろこです。

 

あなたは今と、若い頃とでは、どちらが
傷つきやすいですか?

わたしは、独身の頃、

 

「大人になれば、
もっと、精神的に強くなる。」

つまり、

「ちょっとの事では、傷つかなくなる。」

そう思っていました。

 

ですが、40歳を超え、50歳近くなると
若い頃とは又ちがう、体の変化もあり、
そして、あれからもっと、色んな経験をし、

 

その中には、若い頃なら平気だった事にも、
より、心が敏感になっているように
思います。

 

中学生の頃、子供から大人へと、
心も身体も変化する時、
精神的に不安定になるように、

 

子供を産み終え、ちょっと一段落した今、

ふと、

今までの人生を振り返ってみたり
した事はありませんか?

 

思春期だった頃の、

「これから先、どうなるんだろう?」

という、自分のこれから先の人生への
未知への不安とは、又違う何かが、

 

40代の女性を敏感にしているのかもしれません。

以前聞いた話なのですが、

あらゆる動物のうち、

人間だけが、

 

「子供を産み育てた後も、生きている。」

生き物としては、子供を産み育てたなら、
それで、人生は終わり。

 

それでも、生き続ける人間の女性は、

ある意味、

「女神」

となるのだと。

 

よく、閉経することを、

「あがった」

といい、何だか、

「女性としてもうおしまい。」

のように、言われる場合もありますが、

 

この

「あがった」

は、

「人から、女神へと、昇格した」

という意味かもしれませんね^^

 

色んな経験をしたからこそ、傷つきやすく、
そして、その分、人の痛みもわかる。

心と身体の変化に、戸惑いながら、
それでも、若い頃とは又違う、人生の
楽しみ方も知っている。

 

この先の人生をあなたらしく生きてみませんか?

きっと、第二の思春期を楽しむ事ができるはず。

そう思います。

ごきげんになる情報をお伝えしている、
「真実の望みを叶えるメルマガ」に登録すると、
自分の中の、辛い感情を手放す、

「インナーチャイルドワーク」

が自分で出来る方法を、もれなくプレゼントしています!

プレゼントを受け取る


関連記事

  1. 自分の中の常識を疑え

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP