案外効く!夫への上手な不満の伝え方

自分ごきげんデザイン

ひろこです。

 

夫への不満

 

貴女は、ご主人さまに何か不満はありますか?

どんなに、大好きで結婚した相手でも、

ひとつや、ふたつ、何かしら不満って

出てきますよね。

 

家も、そうです^^;

いつまでも、お互いに関心をもった夫婦でいたい。

そう思って結婚しましたが、

実際、結婚してから10年以上もたつのに、

 

今日は何をしていたのか、とか

わたしが一人で週末に出かけるというと、

嫌がるとか、ちょっと、しんどい時があります。

 

そこで、今日は夫への上手な不満の伝え方を

お伝えしたいと思います。

 

不満の伝え方

 

①「わたしは~と思っている。」と相手を責めず自分の気持ちを伝える。

 

つい、不満がたまって、それを相手に伝える際、

「どうして、あなたは、いつもそうなの?」

と、主語を相手にすると、言われた方は、

カチン!ときます。なので、主語を自分にして、

 

「わたしは、~と思っている。」

その後で、

「だから~お願いできる?」

と、自分の希望を伝えるとスムーズに話し合えます。

 

②よそのお宅と比較しない。

 

わたしも、ママ友から、

ご主人が家の事を手伝ってくれたり、

出かけたい時に快く、子供と留守番してくれる、

よそのご主人の話を聞くと、つい、比べたくなりますが、

それを言ったら、大変!

 

男性は、特に誰かと比べて、自分が劣っていると

言われたら、プライドがガタガタに。

余計、意固地になってしまうだけです。

 

③不満を伝えたあと、話を聞いてくれたお礼を言う。

 

言いにくい事を言った後、最後まで聞いてくれた事に、

「わたしの話を聞いてくれて、ありがとう。」

「あなたがわたしの気持ちを聞いてくれて、嬉しかったわ。」

と言っておけば、

 

「妻の不満を冷静に聞いた自分は、懐が広い。」

と、ご主人もまんざらでもない気分になるでしょう。

これで、又、何か言いたい事がある時にも、

切り出しやすくなると思います。

 

ご主人と一言で言っても、人それぞれ個性が

あるので、反応はそれぞれでしょうが、

この3点は、ほぼ、どなたにでも当てはまるのでは?

と思います。

 

せっかく結婚したのですから、

無理せず、我慢ばかりせず、

言いたいことは、上手く伝えて、

お互い、風通しのいい関係でいたいですね。

 

今もし、貴女がご主人さまに、何か

言いたいことがあったなら、是非一度

試してみてください^^

 

ごきげんになる情報をお伝えしている、
「真実の望みを叶えるメルマガ」に登録すると、
自分の中の、辛い感情を手放す、

「インナーチャイルドワーク」

が自分で出来る方法を、もれなくプレゼントしています!

プレゼントを受け取る

関連記事

  1. 結婚相手の決め方
  2. 嘘の見抜き方

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP