あなたの一番の味方は〇〇です。

自分ごきげんデザイン

ひろこです。

 

先日、怒りという感情は、2次感情で、
怒りを感じる前には、

「不安、心配、悲しみ」

と言った感情があるというお話をしましたが、

詳しくはこちらをご覧ください。

人は、自分の感情さえも、あまり良く分かっていない
場合がありますよね。

「ひろこさん、わたしも、今まで、自分が子供に対して、
怒りを感じていたのは、その前に悲しみや心配と言った
感情があるからだと、あまり意識していませんでした。」

はい、わたしもそうでした。

「でも、自分が本当は、子供を大切にしているからこそ、
怒りと言う感情が湧くんだと、気が付いてからは、
怒りにまかせて、ひどい事を言うのではなく、

『お母さんは、心配しているんだよ。』という事を、
伝える事が出来ました。」

その結果、どうなりましたか?

「はい、今までのように、子供を叱ったあと、
自己嫌悪におちいりにくくなりました。」

それは、よかったですね^^

「はい、子供も今までと違う私を見て、
素直に話を聞いてくれた事も嬉しかったです。」

そうですね、子供は、お母さんに叱られると、
自分が嫌われているんじゃないかと、勘違いする
事がありますよね。

そうではなく、自分を大切に思っているからこそ、
叱っているんだと、何となくでも理解できれば、
お互い、楽になります。

そして、何より、あなた自身が、
自分の気持ちを理解し、誰よりも、
あなたの味方でいる事が、大切だと感じます。

「ひろこさん、味方は自分以外の誰かでは
いけませんか?」

はい、もちろん、親や祖父母から、

「どんな自分でも愛されている。」

と感じて育つ事は、とても大切な事だと思います。

ですが、それが叶わなかったと感じている場合や、
そうだとしても、今は愛してくれた人が、他界している
場合もありますよね。

だから、もっとも身近で、常に一緒にいる、

「あなた自身」

にあなたの味方になってもらいたいのです。

「なるほど、何かを感じたり、考えたりする時には、
他の誰でもない、私自身が味方でいてくれたら、
心強いですよね!」

はい、そうです。

他の誰でもない、自分が自分自身の味方であり、
応援してくれるなら、この先の人生は、安心です。

とはいえ、無意識にいつも、自分にダメ出しを
する癖がついている事もあるかもしれませんね。

次回は、そんな時に使える、方法をお伝えしますね^^

あなたは、誰の味方になりますか?

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

以下ご案内です。

自分の気持ちに気が付き、味方になれる、
「楽生きセラピー」の秘密がわかるページはこちらです。

関連記事

  1. ママ友からのお誘いを断るスマートな3つの方法。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP