心配がマイナスイメージでしかない理由とは

自分ごきげんデザイン

ひろこです。
わたしの住んでいる福岡でも、
今こうして、メールを書いている間も、
余震が続いています。

熊本、大分の皆様は、さぞかし、
怖い気持ち、不安でいっぱいなのだろうと、
思います。

ですが、今、無事でいる、わたし達一人ひとりが、
その方達の「心配」をするのは、
かえって迷惑な事なのではいかと思っています。

なぜなら、
「心配」は、ネガティブなイメージが前提にあるから。

多くの人がネガティブなイメージをすると、
大きな力となり、対象者に影響を与えるからです。

 

心配は対象者にネガティブな影響を与える

わたしは、セミナーを開くとき、
人の感情が、人の肉体に影響を及ぼす実験を
たまにするのですが、

その時、どなたか一人の方に
前に出てきて頂き、
まず、通常の、腕の力をテストします。

その後、全員で、その方を心配してもらいます。

その時、「言葉」は声に出さず、
表情も見せない、つまり、
被験者の方は、何も、

「見ない」「聞かない」

状態で、何人かの人の「心配」という
エネルギーを、1分間受けてもらいます。

すると、面白いくらいに、
その方は、力が入らなくなります。

そのままでは、申し訳ないので、
次に、

「○○さんなら、大丈夫!」

そう、心の中で全員に思ってもらいます。

すると、最初の時の力より、

「大丈夫」

という、エネルギーを浴びた後の方が、
腕に力が入るのです。
とはいえ、今、震災にあわれた方達に、

「大丈夫」

なんて、言う言葉をかけるには、
あまりに、無責任な気もしますが、

だけど、心の中でだけでも、

「大丈夫、きっとこれから少しづつでも、
改善されていきます。そう祈っています。」

そう、思う事で、お役にたてると思っています。
そして、今、こうして無事でいられること、

トイレに行きたい時に、行け、
水が飲みたい時に飲め、
お風呂に入りたい時に、入れ、
あたたかい布団で眠る事が出来る、

普段、「あたりまえ」と思うことに感謝する事。

その大切さを、改めて、教わりました。

そして、自分自身の心の状態をコントロールする事が
世の中の役にたつ事も。

まずは、自分の心をおだやかで、ごきげんな状態にし、
その上で、被害にあわれた方々のご無事を祈りたいと、
思います。
今回、九州だけでなく、強風などで、
被害にあわれた皆様に心より、
お見舞い申し上げます。

自分の思いどうりに生きる為の情報をお伝えしている、
「真実の望みを叶えるメルマガ」に登録すると、
辛い感情を自分で手放す事が出来る

「インナーチャイルドワーク」

のやり方をもれなくプレゼントしています!

プレゼントを受け取る

 

関連記事

  1. 一瞬でごきげんになる方法

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP