40歳をすぎてから?!わたしが、今の活動を始めた理由とは

自分ごきげんデザイン

ひろこです。

 

転勤族

 

わたしの夫は、転勤族で、わたしは、結婚してからすぐに、

息子が産まれた為、10年間まるっと専業主婦でした。

 

そして、息子が小学4年生になった、頃に

今の福岡へ転勤し、はじめは、住み慣れない

土地で人間関係も、また、いちから。

 

それでも、何故か、

「自分にも出来る何かがしたい!」

そういう思いがあり、

ネットで、心理や潜在意識などに関する事を

検索しました。
そんな時、今の師のセッションを受け、たった一度の

そのセッションに感動し、その場で師にお願いして、

弟子にしてもらう約束をしました。

 

その後、3ヶ月間、師から、潜在意識、カウンセリング、

心理学、などを学び、わたしは、「統合するもの」という意味の

「ライフシントロピスト」という、セラピストになりました。

 

資格をとったばかりのわたしに

「ひろこさんは、このライフクエストにどんなカラーをつけるの?」

と聞いて下さり、師は自分のセッションとして活動して行くことを

指導してくださいました。

 

そして今も、相談に乗り、励ましてくださっています。

わたしも、そんな人になりたい。

そう思いました。

 

そもそも、なぜわたしが、潜在意識、心理学といった

ものに、関心があったのかと、いいますと、

短大を卒業した、20歳の頃から、

「潜在意識を使って、自分の願いを叶える」

という、考え方に、大変興味があり、

当時から独学で色々学んでいたのです。

その頃では、まだ珍しい、NLPの本なども、購入し、

 

「いつか、学びたい!」

そう思っていました。

それで、今は、「NLPマスタープラクティショナー」

の資格も持っています。

 

又、当時のわたしは、過去の出来事で傷ついた感情を、

いつまでも引きずり、

同じようなパターンで、人間関係でつまずいたり、

新しい事を始めても、根気がなく、続かず、

その為、自分に自信がもてず、

 

「自分ってダメな人間だな。」

そう思い込んでいました。

 

そんな時、自分の辛い感情、思い込みなど、

(それらの感情、思考をインナーチャイルドと読んでいます。)

手放し、自分をごきげんにする事が、

自分のこれからの人生を、楽しむコツだと、

セラピーを受けて気がつきました。

 

そして、同じように、

「これからの人生を楽しみたい。そして、誰かの役に立ちたい!」

そう考える方のお役にたちたい。

そう思っています。

 

わたしが、この活動を始めたのは、

40歳をすぎてから。

けして、早いスタートではありませんでした。

ですが、今だからこそ、出来る事があります。

 

それは、色々な経験したからこそ、言えることだと思います。

きっと、このお話を読んでくださっている、貴女にも

そういった、思いがあると思います。

 

人生は、まだまだこれから!

これからの人生を、自分の感情は自分で面倒をみて、

自分自身をデザインしていきながら、楽しみたい。

 

そして、自分と自分の家庭と、周りの人達をも

喜びの波動で包みたい!

そう思っている人達と仲間になりたい。

そう、考えています。

 

貴女にも、何かやりたい事ってありませんか?

ごきげんになる情報をお伝えしている、
「真実の望みを叶えるメルマガ」に登録すると、
辛い感情を自分で手放す事が出来る

「インナーチャイルドワーク」

のやり方をもれなくプレゼントしています!

プレゼントを受け取る

関連記事

  1. 自分の中の常識を疑え
  2. 一瞬でごきげんになる方法

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP